エンジニアの転職市場|よくある転職理由から見る転職のポイントとキャリアパスについて

コラムCOLUMN

エンジニアの転職市場|よくある転職理由から見る転職のポイントとキャリアパスについて

2021/08/31

近年のIT人材不足を受けて、エンジニアは売り手市場が続いています。

そのため、エンジニアの転職市場は常に活発です。ここではエンジニアの転職市場について解説していきます。

エンジニアの転職市場の現状

未経験からの転職は可能だが難易度は高い

未経験からプログラミングスクールなどに通い、そこで知識を身に付け、転職活動を経てエンジニアに転職する人が増加しています。

フリーランスという自由度が高い働き方や、フルリモートなどでも働くことができる可能性が高いということで、キャリアチェンジする職種として、エンジニアは非常に人気が高いです。

しかし、エンジニア経験者と比較すると、転職成功事例は多くないのが現状です。

未経験の場合、実務経験が伴わないので即戦力になることが難しいです。

そのリスクに投資する企業が現段階では多くないため、転職成功事例が多くないという結果になっています。

複数のスキルを持っておくと有利

エンジニアの転職市場で有利になるためには、複数のスキルを持っておくことが重要です。

企業は、一つのスキルだけに長けているエンジニアよりも、複数のスキルをある程度身に付けているエンジニアを求めていることが多いためです。

もちろん一つのスキルに長けているエンジニアに絞って募集をかける企業もあります。

しかし、多くの場合は複数のスキルを持ち、なおかつ専門分野があるエンジニアを市場価値が高いと判断する傾向があります。

転職をして収入を増やしたいのであれば、今のスキルに磨きをかけ、別のスキルも身に付けることも良いでしょう。

採用枠の激減が懸念される

新型コロナウイルスの蔓延を経て、採用活動を縮小している企業が多くあります。

人材を雇うことで固定費が上がることから、業績の悪化や事業縮小の影響を受けて、人材を雇う選択を控えていると想定できます。

採用に対して企業が消極的になりつつある中、「なぜ転職を選ぶのか」を採用担当者が深くヒアリングしてくることも考えられます。

売り手市場であるエンジニアの転職だからこそ、「多くの会社の中から、なぜこの会社を選んだのか」という明確で筋の通った志望理由が求められます。

企業は外部人材の活用を視野に入れている

日本は長くメンバーシップ型の雇用が多く、終身雇用としての労働が一般的でした。

しかし、働き方の多様化などを背景に、ジョブ型雇用が受け入れられるようになってきました。

そこで、企業としては雇用で人材を抱えず、特定のスキルを持つエンジニアが欲しい際は、フリーランスなど外部の人材に頼るように、世の中は変化してきています。

エンジニアの主な転職理由

転職サービス「doda」によると、ITエンジニアの転職理由の上位は、以下のようになっています。

順位 転職理由 割合
1位 ほかにやりたい仕事がある 13.9%
2位 専門知識・技術を習得したい 13.2%
3位 給与に不満がある 8.9%
4位 業界の先行きが不安 8.1%
5位 市場価値を上げたい 7.7%
6位 会社の将来性が不安 6.6%
7位 幅広い経験・知識を積みたい 5.4%
8位 残業が多い/休日が少ない 4.2%
9位 U・Iターンしたい 3.4%
10位 倒産/リストラ/契約期間の終了 3.4%

※参考:転職サービス「doda」 「転職理由ランキング2020年度」

ネガティブな理由での転職が少ない

他の職種と比較して、ITエンジニアにおいては、比較的ポジティブな理由で転職する人が多いのが特徴です。

自分のキャリアを好転させるための転職であると想定できる理由が多いという特徴がみられます。

高みを目指す人が多い

「市場価値を上げたい」「専門知識・技術を習得したい」といった、キャリアアップを目標に転職を目指す人も多いという特徴があります。

エンジニアの場合、専門性やスペシャリストとしてのキャリアを望んでいる人が多いということも言えるでしょう。

さまざまな転職理由で退職する人がいるからこそ自分に合った転職活動が必須

ネガティブな理由で転職する人もいれば、ポジティブな理由で転職する人もいます。

人によって転職理由はさまざまです。

そのため、自分の転職理由に合った転職活動のコツを抑えておくことが非常に重要です。

エンジニア転職 キャリアパス

エンジニアが転職するときに失敗しないためのポイント

エンジニアが転職する際には何に注意するべきでしょうか。

自分をアピールできる実績やポートフォリオを用意しておく

エンジニア経験者であれば、転職に必要になる情報は、これまでに得てきたスキルや経験などです。

前職で積み上げた実績や経験をまとめたポートフォリオを用意することで、転職後には実力に合った仕事を任せられることがあります。

転職後にできることを相手に理解してもらうためにしっかりとアピールすることが大切です。

裁量権の大きなプロジェクトに挑戦できる環境に飛び込む

エンジニアとしてより高いスキルを身に付けるには、より裁量権のある企業に就職する、あるいは、個人のスキルを活かせるプロジェクトに携わることが重要です。

これまでより難しいプロジェクトをこなすことによって、新しいスキルも身につきます。

また仕事の幅も広がり、市場価値の高い存在になれるでしょう。

インターネットを活用して最新の情報を得る

IT業界というのは日々目まぐるしい技術の変化を遂げている業界です。

そこでは常に情報収集を欠かさないことが大切です。

エンジニア向けのサイトやブログ、新聞などで情報を常にアップデートすると良いでしょう。

インターネットを使用してエンジニア同士の情報交換ができる場所もあります。

その結果、得られた知識が転職時に役立つことが期待できます。 

エンジニアのキャリアパス

エンジニアのキャリアパスの一例を紹介します。

既に紹介していますが、最近では、企業がフリーランスを活用し始めているため、フリーランスとして独立する人も増えてきています。

その点も踏まえて解説していきます。

【会社員】現職で実績を積み、市場価値を上げる

自身の市場価値を高めるために大切なことは、経験や実績、スキルの幅を豊富にすることです。

そのためには、経験がない状態で転職しようとせずに、現職で自分の実績を積むことが効果的です。

一つの会社に長くいることで、大きなプロジェクトへの参加や昇進の機会があれば、その分得られる経験も豊富になる可能性が高いです。

【会社員】業務外の時間も有効に活用し、資格を取得する

業務中でなくても、自身のキャリアを高める手段はあります。

たとえば、資格を取得することで、今までよりも知識が増えてエンジニアとしての需要が高まる可能性があります。

その際、複数の資格を受験することでプログラミングを体系的に理解することができ、より広い場面に対応することにも繋がるでしょう。

資格を持っているだけで、会社からの評価に繋がる場合もあるので、業務に支障の出ない範囲で資格を勉強し、取得すると良いでしょう。

【会社員・フリーランス】独立を目指す

転職をすることも収入を上げる効果的な手段の一つではありますが、さらに報酬を上げたいのであれば、独立を目指すという道もあります。

実際に、ある程度自分で案件をこなせるようになってくると、独立をしたいと思う人も多いでしょう。

独立のメリットとしては、関わる案件を自分で管理しやすくなるので、収入が多く自身のスキルに見合った案件を選べる可能性を高められるということがあります。

独立には、フリーランスと起業などの代表的な選択肢がありますが、まずはフリーランスから始めるのが効率的でしょう。

起業をすると資本金を用意する必要性が出てくるなど、初期コストもかかります。

フリーランスではそのような法人設立に比べると必要な初期費用が抑えられるケースも多いため、比較的独立しやすい形態でしょう。

まとめ

今回の記事では、エンジニアの転職において重要な点やキャリアパスを描く中で考えるべき点を紹介しました。

キャリアパスにはさまざまな選択がありますが、自身の希望に合うキャリアはどのような道なのかを見極めることが重要です。

もし、独立を視野に入れているのであれば、当社が提供しているサービス「i-common tech」の活用をおすすめします。

当サービスを利用すれば、自身のスキルや経験に合った案件を獲得できる可能性を高めることができます。

クライアントの事業のコアに携わることができる案件や最新の技術環境で働くことができるプロジェクトの案件など、キャリアップに繋がるような案件を多数保有しています

エンジニアとしての市場価値を高めたい、フリーランスとして活躍していきたいとお考えであれば、まずは登録をして案件をチェックしてみてください。
 

記事監修
パーソルキャリア株式会社 i-common techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common立ち上げを行い、2020年よりフリーランスITエンジニア専門エージェント事業のi-common techサービス責任者に着任。