Androidエンジニアとは?主な仕事内容や将来性を詳しく解説!

コラムCOLUMN

Androidエンジニアとは?主な仕事内容や将来性を詳しく解説!

2021/10/26

Androidアプリの開発を行うAndroidエンジニアが注目されています。

今後の将来性も期待できるため、キャリアチェンジを検討している人も多いでしょう。

この記事では、そんなAndroidエンジニアの仕事内容や年収、未経験からAndroidエンジニアになれるのかという点についても解説します。 

Androidエンジニアとは?

Androidエンジニアについて、基本的な点から説明します。

Androidアプリの開発・運用に携わる技術職

Androidエンジニアとは、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末で使われているAndroidアプリの開発や運用を行うエンジニアのことです。

Androidの端末で実際に動いて機能を発揮できるように開発を行い、さらに運用や保守まで携わるのが、Androidエンジニアの役割と言えます。

Androidとは、Googleによって提供されているモバイル端末用のOS(オペレーションシステム)のことです。

オープンソースのOSであり、ソースコードは公開されていて、ダウンロードすることで、誰でも無償で見ることができます。(Android Open Source Project:https://source.android.com/ )

しかし、例外もあるため、全てのソースコードが見られるわけではありません。

Androidエンジニアの雇用・契約形態

Androidエンジニアは、正社員や派遣社員として開発に携わっているケースが多いですが、業務委託のフリーランスとしてスマートフォンアプリの開発をしているエンジニアも数多くいます。

このため、Androidエンジニアは、会社員からフリーランスエンジニアまで、さまざまな雇用・契約形態の人がいます。

Google Playでは多くのAndroidアプリが公開されており、需要は高まっています。

このため、Androidエンジニアをターゲットにした案件は数多く公開されています。

もちろん、高い技術を身に付ければ自分で開発してリリースすることも可能なので、起業するという選択肢も増え、さまざまな活躍の仕方があります。 

Androidエンジニアの主な業務

Androidエンジニアが担当する主な業務を2つ紹介します。

アプリ開発

Androidエンジニアは、アプリ開発を行うのが主な業務です。

開発で実際に使われる言語には「Java」や「Kotlin」などがあります。

設計や要件定義をするだけでなく、テストやコーディングなどの作業も行うことがあります。

Googleは2017年に「Kotlin」のサポートを行うようになりました。

そのため、「Java」による開発があまり行われなくなり、「Kotlin」を採用するケースが増えたのです。

アプリ開発ではアーキテクチャの設計を行うだけではなくコーディングを担当するケースもあります。

アプリの完成まで責任を持って業務に取り組み、最終的には新しいアプリをリリースします。

それだけではなく既存アプリについて、機能追加や改修といった業務に携わることも多いです。

Androidエンジニアは幅広いジャンルのアプリ開発に携わることで、市場価値の高いエンジニアになれるでしょう。

インフラ保守・運用

Androidエンジニアにとって重要な業務の1つが、インフラ保守・運用です。

Androidアプリが正しく動作するようにサーバー環境を構築します。

また、運用の自動化を図るための開発をするケースも多いです。

さらにアプリのバージョン管理からエラーや障害の対応まで担当します。

Androidエンジニアがインフラ保守運用をするおかげで、Androidアプリを24時間365日安定して利用できるようになっています。

インフラ業務をする際には「Linux」や「AWS」などのクラウドサービスの知識が必要となります。

アプリ開発やコーディングとは違ったスキルや知識、経験が必要となります。

インフラ保守運用に関連した知識を習得しておけば、Androidエンジニアとして活躍の幅が広がるでしょう。

Androidエンジニアの報酬

当社が運営する「i-common tech」のフリーランス案件から算出したデータでは、Androidエンジニアを含む、ネイティブアプリエンジニアの月額報酬平均は85.5万円です。(2021年10月時点)

月額報酬が85.5万円というのは、他の開発案件と比較しても高水準であり、高収入が狙える職種であることがわかります。

需要の高い職種であり、専門性も必要となるため、スキルフルなエンジニアであれば、高い報酬を支払っても活用したいと考える企業が多いためといえるでしょう。

Androidエンジニアの将来性

Androidエンジニアのこれからの将来性について解説します。

Androidエンジニアの需要は今後も高まる

Androidエンジニアの需要は、これからも高まっていくと予想されています。

スマホの普及により、Androidの端末を持つ人は数多く存在し、Androidアプリの需要は非常に高まっています。

この傾向は今後も継続するでしょう。
 
Androidの需要が高い理由は、個人だけではなく法人も利用していることにもあります。

社内でAndroidアプリを開発して、特定のシステムを利用しているケースはよくあります。

Androidアプリの開発は個人向けだけではなく、法人向けにも需要が高いのです。

このようにAndroidアプリの需要が高まっていることから、今後もAndroidエンジニアの需要は高くなるでしょう。

このため、将来性は明るいと考えられます。

Androidエンジニアとして活躍し続けるためには

時代の変化に沿ったスキルが必要

エンジニアとしてスキルアップに励むことは大切です。

業界の状況は刻々と変化をしており、AndroidOSも定期的にバージョンアップします。

このため、時代の変化に対応したスキルを身に付けることがAndroidエンジニアに求められます。

市場価値を維持する、あるいは、向上させていくのであれば、常に最新の技術スキルを習得し、スキルのアップデートに取り組むことをおすすめします。

Androidエンジニアとして身に付けるべきスキルはプログラミング言語だけではありません。

他にもインフラ環境や端末に関する知識も重要です。

自分の関わる業界に関する知識も求められます。

自分の担当する業務内容を踏まえた上で、スキルアップをしていくとよいでしょう。

Androidエンジニア 仕事内容

Androidエンジニアは未経験でもなれる?

自身の努力次第で、未経験者でもAndroidエンジニアになることができるでしょう。

未経験者でAndroidエンジニアを目指す場合、どのようにしたらよいのかを簡単に紹介します。

簡単なアプリを作ってみる

未経験でAndroidエンジニアになりたい場合、経験を積むことが重要です。

まずは簡単なアプリを作るところから始めましょう。

アプリ作りを通して学べることは数多くあります。

エンジニアに求められるスキルは、本を読んでいるだけではなかなか身に付かないものです。

実際に本などで学習した知識を、アプリ開発によって活用することで、実践的なスキルにすることができます。

簡単なアプリでも自分の力で作ってみることで、さまざまな気付きがあり、それが大きな経験となるでしょう。

アプリ開発の知識をつける

実際に自分で簡単なアプリを作ってみた後は、アプリ開発についてより専門的な知識を身に付けると良いでしょう。

Androidエンジニアになりたいのであれば、Androidアプリの開発でよく使われる「Java」や「Kotlin」の知識、さらにはAndroidの開発環境に関する知識も学ぶことをおすすめします。

Android エンジニアはAndroidOSが定期的にバージョンアップするため、時代の変化に対応したスキルを身に付けることが重要になります。

すでにAndroidの開発おいて十分なスキルを身に付けているのであれば、フリーランスとして活動することも可能です。

i-common tech」であれば、Androidの開発やインフラ保守に関する幅広い案件を取り扱っています。

新規のAndroidアプリ開発の案件から、大手アプリの機能改修案件などさまざまな案件を扱っています。

豊富な案件の中から自分に合ったものを選択することで、高収入の実現やスキルアップに役立つでしょう。

当サービスは無料ですので、ぜひ「i-common tech」に登録してみてください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 i-common techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common立ち上げを行い、2020年よりフリーランスITエンジニア専門エージェント事業のi-common techサービス責任者に着任。