クラウドソーシングは稼げない?案件獲得の方法や向いている人を解説!

コラムCOLUMN

クラウドソーシングは稼げない?案件獲得の方法や向いている人を解説!

2021/11/05

副業やフリーランスなど、さまざまな目的でクラウドソーシングを使う人も多いのではないでしょうか。

その中で、クラウドソーシングは稼げないという噂を聞いて、本当かどうか知りたい人もいるかもしれません。

今回は、クラウドソーシングでは本当に稼げないのかを中心に説明していきます。

クラウドソーシングで公開されている仕事内容

クラウドソーシングには、さまざまな種類の仕事が公開されているため、具体的にどのような仕事があるか知りたい人も多いことでしょう。

ここでは、クラウドソーシングの仕事内容を一部紹介しますので、参考にしてみてください。

プログラミング

さまざまなシステムを、プログラミングを使って組み上げる案件です。

例えば「JavaScript」「Java」「PHP」「Ruby」をはじめ、案件に応じて必要となる言語やスキルが異なります。

ほとんどの場合で専門性の高い仕事になります。

アプリケーションの開発、Webサイトやランディングページの構築などを任されることが多く、基本的に経験者もしくは知識やスキルを持つ人向けです。

報酬形態は、開発したものを納品する対価として得ることが多いですが、仕事へ関わった時間で報酬を換算されることもあります。

Webライティング

Webメディアやブログなどの文章を書くという案件です。

ライターとしてテーマに沿った記事や体験談など、依頼を受けた内容について執筆します。

未経験歓迎のものから専門性の高いものまで、案件によって求められるスキルはさまざまです。

専門性を有する案件の方が報酬は高い傾向にあります。

報酬形態は1文字〇円や1記事〇〇円での契約が多く、成果物を納品することで報酬を得ることができます。

デザイン・イラスト

主にホームページやサイトに掲載する、デザイン・イラストを作成して納品する案件です。

ホームページ自体をデザインしたり、企業ロゴやバナーなどの作成をしたりする仕事です。

デザイン・イラストは経験者向けではありますが、未経験者が案件を獲得できないわけではありません。

報酬形態としては1案件〇〇円での募集が多くなっています。

また、案件によっては、コンペを通してクライアントが判断し、好む案を出した方に報酬が支払われるという形態もあります。

音楽制作

動画やラジオなど、さまざまな場面で用いられる音楽を作る案件です。

BGMや効果音の作成や編曲を行います。

音楽に対する専門的な知識やスキルが要求されます。

最近では企業だけでなく個人でも動画を発信する人が多く、クラウドソーシングでの依頼も多くなっています。

報酬形態としては、1案件〇〇円という形が一般的です。

アンケート・口コミ投稿

商品やサービスの感想を投稿したり、アンケートに回答したりする案件です。

アンケート・レビュー・口コミ・モニターなどの案件名で募集され、専門的なスキルや知識は特に必要ありません。

比較的手軽で未経験者でも行える仕事であり、スマートフォンを使用して隙間時間などでできるものも多くあります。

報酬形態としては1案件〇円の形です。

クラウドソーシングは稼げない?

さまざまな案件があるクラウドソーシングですが、なぜ稼げないと言われているのでしょうか。

クラウドソーシングが稼げないという噂が本当かどうか、理由とともに説明していきます。

比較的低単価の仕事が多い

クラウドソーシングではさまざまな案件がありますが、手軽に申し込みができる案件も数多くあります。

特に、データ入力やアンケート回答などのスキルを必要としない案件は、低単価になる傾向があります。

このため、スキルのある人にとっては、スキルを必要とされる案件が不足しているため、クラウドソーシングが稼げないと感じる人がいると考えられます。

受注が難しい

クラウドソーシングの案件獲得にはコツがあります。

例えば、プロフィールページを充実させておかないと受注が難しいなどが挙げられます。

そのため、スキルがあっても、クラウドソーシング内でアピールできるスキルがなければ、なかなか契約まで結びつかないことがあるのです。

手数料が引かれる

クラウドソーシングサイトを通じて案件を獲得する場合、サービスによっては取引の中で手数料が引かれることがあります。

このため、クライアントが提示している金額よりも、手元に入ってくる報酬が低くなる可能性があります。

この仕組みを理解せずに単価を計算してしまうと、想定よりも稼げないと感じることもあるでしょう。

クラウドソーシングのメリットとデメリットは?

クラウドソーシングにはメリットもデメリットもあります。

双方をよく理解しておくことで、クラウドソーシングが自分にとって利益のあるものかを判断することができるでしょう。

メリット

クラウドソーシングのメリットをご紹介します。

時間と場所を選びやすい

クラウドソーシングの場合、多くの案件が成果物に対して報酬を支払う形式であり、時間や場所を制限されることがあまりありません。

育児をしながらでも、海外からでも自由に仕事を選ぶことができ、自分のライフスタイルに合わせやすいです。

時間や場所にとらわれないため、副業としても最適で、多様な働き方が選べるようになるでしょう。

副業獲得にはさまざまな方法がありますが、特にクラウドソーシングの案件の多くは場所を選ばないことが特徴です。

初心者でもできる

クラウドソーシングの案件の中には、初心者や未経験者を歓迎しているものも数多くあります。

特に以下の案件は初心者でも始められることが多いので、参考にしてみると良いでしょう。

  • アンケート・口コミ投稿
  • Webライティング
  • 情報入力などの事務処理

専門的なスキルがなくとも案件を獲得しやすいのがクラウドソーシングです。

デメリット

クラウドソーシングのデメリットをご紹介します。

単発的な仕事になりやすい

個別の案件に対して報酬を支払う形態のクラウドソーシングでは、継続的な契約を結ぶのが難しく、収入が安定しにくいです。

クライアント側は単発でクラウドソーシングを利用することが多いです。

このため、同じクライアントから継続的に業務を受注したいのであれば、クラウドソーシングは相性が悪いかもしれません。

コミュニケーションがとりにくい

単発の案件が多いクラウドソーシングでは、初対面のクライアントと連絡を取り合う必要がありますが、コミュニケーションが取りにくいと感じる人も多いです。

契約に関して上手く意思疎通が取れない、メールだけのコミュニケーションで意図がくみ取りにくいなどと感じるケースがあります。

クラウドソーシング 稼げない

クラウドソーシングに向いている場合

クラウドソーシングで向いている人や職種には特徴があります。

低単価案件でも許容できる人

低単価の案件を単発で受けたい場合は、クラウドソーシングは非常に相性が良いです。

簡単なデータ入力やサイトの改修など、クライアントも単発的な案件を多く発注するため、個人も案件獲得がしやすいです。

専門性やスキルが浅い人

クラウドソーシングは突出したスキルを必要としない案件もあります。

簡単なコーディングや短い文章のライティング、データの入力作業など、比較的スキルが少なくても対応できるものもあります。

そのため、スキルが未熟であっても案件を獲得できる可能性があります。

クラウドソーシングに向いていない人

クラウドソーシングで案件を獲得するのに向いていない人は、既に高い技術を持っており、その技術を活かした案件を受注したいと考えている人です。

先にも述べましたが、クラウドソーシングでは比較的簡単な案件が公開されていることが多いです。

そのため、高い技術を持っている人にとっては、案件内容が物足りない可能性もあります。

また、単価が低いことも多いため、効率的な報酬を得にくいかもしれません。

高い技術を持つ人がクラウドソーシングで安定して報酬を得たい場合、クラウドソーシングで案件を獲得できるような工夫が必要です。

プロフィールページを充実させ、提案を有意義なものにするなどの努力が必要です。

自ら営業活動を行うことになるため、非効率的に感じる人がいるかもしれません。

効率的に案件を獲得したいのであれば、当社が運営するフリーランスITエンジニア専門エージェントi-common tech」はおすすめです。

当サービスであれば、案件獲得に向けてさまざまなサポートを行っているため、効率的に希望する案件を獲得する可能性を高めることができます。

さらに、クライアントと直接契約も可能です。

長期的な案件になることも多いので、ぜひ登録してみてください。