エンジニアの資格

コラムCOLUMNエンジニアの資格

QAエンジニアの将来性は?年収や必要なスキル、おすすめの資格も紹介
QAエンジニアのQAとは「Quality Assurance」の略で、日本語にすると品質管理という意味です。 QAエンジニアは、システムの品質を管理するためのテストの工程を担当するエンジニアです。 この記事では
SREエンジニアになるには?必要なスキルや取得すべき資格を紹介
SREとは「サイト・リライアビリティ・エンジニア(Site Reliability Engineering)」の略称で、Googleが提唱する「システムの運用・管理方法とそれに対するエンジニアの役割」を指します。 つまり
機械学習エンジニアになるには?機械学習エンジニアになるためのロードマップや必要なスキルを紹介
AI分野である機械学習やデータ解析は急速に発達してきており、機械学習エンジニアは近年需要が高まってきています。 例えば利用シーンとしては、ビッグデータを用いたマーケティングや顧客の行動を分析し、それを元にしたサービス開発などがあげられます。
サービスエンジニアに向いている人は?年収や必要なスキル将来性などを紹介
エンジニアの中には、導入した機械やシステムを保守するサービスエンジニアという職種があります。 この記事では、サービスエンジニアの仕事内容をはじめ、将来性や必要なスキルについて紹介していきます。 これからサービスエンジニアを目指す人は
AIエンジニアになるには?必要なスキルや取得しておくべき資格を紹介
機械学習やデータ解析に関する技術が急速に発達し、AIエンジニアの需要は近年、高まってきています。 AIは、例えば、自動車の自動運転やビッグデータを用いたマーケティングなどで使用されています。 AIエンジニアは、現在の需要だけではなく
Python案件を獲得するために必要なスキルは?月額単価相場や将来性も紹介
Pythonは、オランダ出身のプログラマーによって開発されたプログラミング言語です。 AIやシステムの開発などさまざまな分野で利用されているため、需要は増しています。 また、文法がシンプルで可読性が高いことから
プロダクトオーナーになるために必要なスキルやおすすめの資格を紹介
プロダクトオーナーは、プロダクトの方向性を決める責任者です。 どのような方針で開発をしていくのかを決定する役割で、プロダクトの成功に対して大きな影響力を持ちます。 言い換えると、プロダクトオーナーが優秀であれば
バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)とは?年収・スキルや資格、メリット・デメリット
近年ではバックエンドエンジニアと呼ばれる仕事が注目されています。 バックエンドエンジニアは、エンジニアの中でもサーバーサイドの処理を主に扱う人を指します。 以下では具体的にどのような職業であるのか確認していきましょう。 Contents
サーバーサイドエンジニアになるには?必要なスキルや勉強法、年収を紹介
あらゆるシステムのサーバー関連の業務に従事するサーバーサイドエンジニアは、Webアプリケーション開発やWebサービスに欠かせない存在です。 フロントエンドエンジニアが表側なら
C言語の資格一覧!試験内容や難易度、参考書を使ったおすすめ勉強法も紹介
C言語は、長年に渡りシステム開発に用いられてきた歴史ある言語です。 その汎用性の高さや実行速度の速さから現在でも人気が高い言語でもあります。 OSの開発をはじめ、組み込みソフトやソフトウェア開発など非常に多くのシステムで使用されています。